A-1 この世に二人だけ

A-2 夏土産

A-
3 髪を洗う女

A-4 ばいばいどくおぶざべい
この世に二人だけ

あなたの彼女が描いた絵の
載った本をみつけた
やわらかなパステルの色は
そのままにあなたの好みの色

あなたは教えてくれない
私もたずねたくはない
夕暮れの本屋は風まかせ
つらい名前のページをめくる

二人だけ この世に残し
死に絶えてしまえばいいと
心ならずも願ってしまうけど
それでもあなたは 私を選ばない

クラクションが怒鳴ってゆく
つまずいて私はころぶ
放り出された本を拾いよせ
私はひとり ひざをはらう

嫌いになどなれるはずない
あなたの愛した女だもの
夕暮れの凩にあおられて
あなたと同じ苗字が 滲む

二人だけ この世に残し
死に絶えてしまえばいいと
心ならずも願ってしまうけど
それでもあなたは 私を選ばない

二人だけ この世に残し
死に絶えてしまえばいいと
心ならずも願ってしまうけど
それでもあなたは 私を選ばない

(COPYRIGHT) JASRACコード 032-6227-8


【曲目】へ戻る


夏土産

今年は友だちと一緒に 海へ行く約束だから
おまえも好きなところへ 友だちと行きなよ。って
嘘。ついてる目つきぐらいわかるけど
でもそれを言っても 時は止まらない
海辺の崖から吹きあげる風にまぎれて
愛を語る名所なのね
あなたが友だちと行く場所は
夏が終わって とどけられる
夏土産 とどけられる
あなたと同じ場所からの貝殻と
恋人たちの写真

仲間と騒いで来たんだと 嘘はまだ優しさなのね
カメラを忘れていって なにも撮れなかったって
嘘。とどいた私の友だちからの この写真の隅に
偶然 写る二人
そうだと思っていたけれど 訊かないように
知らないふりしてきたのは
私 まだあなたが好きだから
夏が終わって とどけられる
夏土産 とどけられる
あなたと同じ場所からの貝殻と
恋人たちの写真

嘘。とどいた私の友だちからの この写真の隅に
偶然 写る二人
夏が終わって とどけられる
夏土産 とどけられる
あなたと同じ場所からの貝殻と
恋人たちの 写真

(COPYRIGHT) JASRACコード 059-8843-8

【曲目】へ戻る


髪を洗う女

かみともにいまして ゆく道をまもり
かみのまもり 汝が身を離れざれ

泣くにも泣けない しずかな夜は
灯りもつけずに しょんぼりと
いつまでいつまで 飽きもせず
女が髪を洗います

煙草の煙を流すため
お酒の香りを流すため
あいつの全てを流すため
いつまでいつまで 飽きもせず
女が髪を洗います

女は薄情なものだから
髪形ひとつで 言葉も変わる
元結ほどけば 崩れるように
髪の毛だけが 泣くのです

煙草の煙が流れない
お酒の香りが流れない
あいつの全てが流れない
ひとりの夜更けは 水音さむく
女が髪を洗います

煙草の煙が流れない
お酒の香りが流れない
あいつの全てが流れない
ひとりの夜更けは 水音さむく
女が髪を洗います

(COPYRIGHT) JASRACコード 020-4823-0

【曲目】へ戻る


ばいばいどくおぶざべい

次の仕事が決まったんだってね ロックシンガー
最後に歌っておくれよ 得意だったどくおぶざべい
どんな真昼の空より 明るい明るい歌
おいらの左手 もうダメなんだってさ どくおぶざべい
イカれちまったんだってさ どくおぶざべい
幕を引かないでくれ 明かりを消さないでくれ
みんなわかってるから 誰も何も言わないでくれ
ばいばいどくおぶざべい
ばいばいどくおぶざべい

次の土曜の晩に この店に来てみれば
誰かがきっと歌っているんだろうな らいかろうりんすとうん
挨拶をきりだすのは こちらから
誰もおいらを覚えていないだろうな らいかろうりんすとうん
長居はできないないだろう ろうりんすとうん
みんな変わってしまう みんな忘れてしまうだろう
だから最後の歌は 空より明るいばいばいどくおぶざべい
ばいばい

ギターが重いぜ めちゃくちゃ重いぜ ロックシンガー
放りだしちまいたくなって 丁度いいやどくおぶざべい
イカれたギターが おいらのイカれたこの腕に
溶けるつもりで何かたくらんでいるらしいぜどくおぶざべい
みんな一緒に行っちまえ ばいばいばい
幕を引かないでくれ 明かりを消さないでくれ
みんなわかってるから 誰も何も言わないでくれ
ばいばいどくおぶざべい
ばいばいどくおぶざべい
ばいばいどくおぶざべい
ばい

(COPYRIGHT) JASRACコード 068-5509-1

【曲目】へ戻る
B-1誰のせいでもない雨が

B-2

B-3 テキーラを飲みほして

B-4 金魚

B-5 ファイト!
誰のせいでもない雨が

誰のせいでもない雨が降っている
しかたのない雨が降っている
黒い枝の先ぽつりぽつり血のように
りんごが自分の重さで落ちてゆく
誰のせいでもない夜が濡れている
眠らぬ子供が 責められる
そっと通る黒い飛行機があることも
すでに赤子が馴れている
もう誰一人気にしてないよね
早く 月日すべての悲しみを癒せ
月日すべての悲しみを癒せ

怒りもて石を握った指先は
眠れる赤子をあやし抱き
怒りもて罪を穿った唇は
時の褥に愛を呼ぶ
されど 寒さに痛み呼ぶ片耳は
されど 私の裏切りは
誰のせいでもない雨が降っている
日々の暮らしが降っている
もう誰一人気にしてないよね
早く 月日すべての悲しみを癒せ
月日すべての悲しみを癒せ

船は港を出る前に沈んだと
早すぎる伝令が火を止めにくる
私たちの船は 永く火の海を
沈みきれずに燃えている
きのう滝川と後藤が帰らなかったってね
今ごろ遠かろうね寒かろうね
誰かあたしのあの人を救けてよと
はだしの女が雨に泣く
もう誰一人気にしてないよね
早く 月日すべての悲しみを癒せ
月日すべての悲しみを癒せ
早く 月日すべての悲しみを癒せ
月日すべての悲しみを癒せ

(COPYRIGHT) JASRACコード 046-8932-1

【曲目】へ戻る




縁ある人
万里の道を越えて 引き合うもの
縁なき人
顔をあわせ すべもなくすれ違う

あなたを私は追い回す
私はあなたの毒になる

河よ 教えて泣く前に
この縁は ありやなしや

あなたを私は追い回す
私はあなたの毒になる

河よ 教えて泣く前に
この縁は ありやなしや
この縁は ありやなしや

(COPYRIGHT) JASRACコード 012-2859-5


【曲目】へ戻る


テキーラを飲みほして

おまえの惚れた あの女を真似て
使い古しの女っぽさ あたしも染まってみた
おまえの惚れた 相手が変わるたび
あたしも次々変わったわ 悪魔でも天使でも

6年目ね 待てと言われもせず
今夜聞く風の噂
身を固めるんだってね

テキーラを飲みほして テキーラを飲みほして
短かった幻の日々に
こちらから Say Good Bye

おまえの歩く そのとおりに Goin' Down
街はいくらでも おちぶれるやり方の見本市
ふたりで同じ ひとつ穴のむじな
腐れ縁と呼ばれたかったわ 地獄まで墜ちてでも

6年目ね 待てと言われもせず
今夜聞く風の噂
身を固めるんだってね

テキーラを飲みほして テキーラを飲みほして
短かった幻の日々に
こちらから Say Good Bye

テキーラを飲みほして テキーラを飲みほして
短かった幻の日々に
こちらから Say Good Bye

(COPYRIGHT) JASRACコード 054-3152-2

【曲目】へ戻る


金魚

一匹も すくえなかったね
ほんとうに要領が悪いんだから
浮いてきたところ すくわなきゃ
ほらシャツの袖が水びたし

きらりひらりきらりひらり
人生が身をかわす
きらりひらり
幸せが逃げる

でも嬉しいみたい
すくえなかったことが
どうせ飼えないものね
旅暮らし

(COPYRIGHT) JASRACコード 025-0769-2

【曲目】へ戻る


ファイト!

あたし中卒やからね 仕事をもらわれへんのやと書いた
女の子の手紙の文字は とがりながらふるえている
ガキのくせにと頬を打たれ 少年たちの眼が年をとる
悔しさを握りしめすぎた こぶしの中 爪が突き刺さる

私、本当は目撃したんです 昨日電車の駅、階段で
ころがり落ちた子供と つきとばした女のうす笑い
私、驚いてしまって 助けもせず叫びもしなかった
ただ怖くて逃げました 私の敵は 私です

ファイト!   闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト!   冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

暗い水の流れに打たれながら 魚たちのぼってゆく
光ってるのは傷ついて はがれかけた鱗が揺れるから
いっそ水の流れに身を任せ 流れ落ちてしまえば楽なのにね
やせこけて そんなにやせこけて魚たちのぼってゆく

勝つか負けるかそれはわからない それでもとにかく闘いの
出場通知を抱きしめて あいつは海になりました

ファイト!   闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト!   冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

薄情もんが田舎の町にあと足で砂ばかけるって言われてさ
出てくならおまえの身内も住めんようにしちゃるって言われてさ
うっかり燃やしたことにしてやっぱり燃やせんかったこの切符
あんたに送るけん持っとってよ 滲んだ文字 東京ゆき

ファイト!   闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト!   冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

あたし男だったらよかったわ 力ずくで男の思うままに
ならずにすんだかもしれないだけ あたし男に生まれればよかったわ

ああ 小魚たちの群れきらきらと 海の中の国境を越えてゆく
諦めという名の鎖を 身をよじってほどいてゆく

ファイト!   闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト!   冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

ファイト!   闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト!   冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

ファイト!

(COPYRIGHT) JASRACコード 074-9588-9

【曲目】へ戻る

【曲目】