このレコードにも歌詞とは別に中島みゆき自筆の購入者宛のメッセージが付いている。
掲載したいところだが、それは出来ない。

私が中島みゆきオフィシャルサイトに掲載の可否について確認したところ、次のような返答があった。

 「レコードのインナーに付されたアーティストメッセージは『表現されたものである』という点から、アーティストの著作物です。したがって、無断でホームページ上にアップロードさせることはできません。それでは、このメッセージについてどこが許諾するのかということですが、2つあり、発売元と著作者であるアーティストです。
 まず、このメッセージは当時レコードを購入された方のみが所有できるものでした。ホームページ上で公開することにより、レコードを購入していない不特定多数の方々に読まれることを可能にすることは発売元の意図するところではありません。また、著作者の観点からも、このメッセージはレコード購入者が読むことを想定してアーティストが書いたものであり、これもレコードを所有しない不特定多数の方々に読まれることを可能にすることはアーティストの意図するところではありません。」

この回答の意図を汲み、皆さんへこの場ではご紹介できないことをご了承して頂きたい。

ただし、活字としてなら読むことはできる。
新潮文庫の『愛が好きです』の中に掲載されてある。

私事ながら、このメッセージの下に
「もし このとびらを ひらいて くれることが あったら その時は心から 迎え入れてあげよお! 昭和53年10月25日 buy」
と青の万年筆で書かれてある。
当時、広島大学1回生であった姉の添え書きである。

また、このメッセージの裏には当時の中島みゆきの写真が6枚載せられている。
肖像権の関係でこれも掲載できないのが残念である。
現在とは全く違い、三つ編みにして長袖のボタンダウンに半パンをはいたみゆきはまだ高校生といっても通る位の少女の面影を残している。

このアルバムの編曲はA面の1曲目から6曲目までとB面の1曲目から5曲目までがエジソンとなっている。
ファーストアルバムと同じく演奏を「エジソンと発明王」が(同じメンバーは二人だけだが)担当しており、リーダーが匿名を名乗っていると類推される。
B面の6曲目はファーストアルバム全曲の編曲を手掛けた西崎進になっている。

また、写真は今も中島みゆきを撮り続けている田村仁になっており、長い付き合いであることが判る。

このアルバムのオリコン最高位は23位。
top page
題名 歌詞
曲調
解説
雨が空を捨てる日は
フォーク
暗喩に富んだ歌詞で私には全く判らない。厳かなイントロに始まり中島みゆきは情感たっぷりに歌っている。
彼女の生き方
フォーク
みゆきのシニカルな一面がでている名曲である。「思い通りには動かない 世の中なんて 何もかも だけど あたしだって 世の中の思い通りなんか 動かない」このフレーズはまだ浪人生だった私には人生の指針にもなった。
トラックに乗せて
ジャズ
失恋歌。断ち切れない未練が募る雨の夜、一刻も早くこの街を離れたい。街には辛い想い出が詰まっている。まっすぐ街から離れても街は追いかけてくる。「どこか曲がる所を探して」街から逃れたい。
流浪(さすらい)の詩(うた)
カントリー
スローで長いギター二本のイントロから一転する。「ママ」とあの人を追いかけて旅を続ける。「ママ」の正体が黒猫であることは後半にならないとわからない。気の向くまま春風に飛ばされて砕け散るまでさすらいを続ける。
真直(まっすぐ)な線
ジャズ
この歌も暗喩に満ちている。男のまっすぐで純粋な愛情を希求している。
五才(いつつ)の頃
フォーク
中島みゆきが岩内に引っ越したのが五才である。その頃を思い出して歌った追想の歌。引っ越してきて友達もおらず、泣くことも多かったのだろう。大人になって、五才のときのように純真に泣くことのできなくなった悲しみも歌っている。
冬を待つ季節
フォーク
別れ歌。春も夏も秋も繰り返しやってくるのに私はいつまでも冬のまま。
夜風の中から
ブルース
三角関係の失恋歌。夜風に乗ってお前の声が部屋まで飛んでくる。私は精一杯の笑い顔を見せつける。男を奪った女を見下している。
03時
ジャズ
別れ歌。「ふられ節」と違うのは男も別れに辛い思いを抱いている。お互い涙を溜めた夜汽車が03時にすれ違う。
うそつきが好きよ
カントリー
軽快なテンポのメロディがこのアルバムの中で際立っている。口説かれたのも裏切られたのも全部うそ。でも、うそでもいいから好きと言われたい。
妬(や)いてる訳じゃないけれど
フォーク
失恋歌に見せかけて自分の存在を認めて欲しい願望が歌われている。「あたしを乗せない船が 今日も港出るところ」「誰か覚えていてよ死ぬまで・・・ずっと」アルバムタイトルの『みんな去(い)ってしまった』に通じる。
忘れられるものならば
フォーク
夢を追いかけて旅を続ける。「遠く」のフレーズが4回繰り返されるのが旅の長さを物語っている。