長渕剛
長渕剛は本名。1956年9月7日、鹿児島県日置市に産まれました。

鹿児島県立鹿児島南高等学校情報処理科を経て、九州産業大学芸術学部中退とウィキペディアにはあります。

1978年「巡恋歌」でデビュー(第15回ポプコン入賞、オリコン最高位173位)しました。

初期の作品としては、1979年発売の「俺らの家まで(おいらのうちまで)」(オリコン最高位118位)、
同年発売の「祈り」(オリコン最高位55位)、1980年発売の「順子」(オリコン最高位6週連続1位)などがあります。

「祈り」は亡くなってしまった恋人に対する惜別の歌です。

「順子」がそんなに売れたのかと思うと同時に「巡恋歌」「俺らの家まで」「祈り」がそんなに売れなかったのかと不思議な気持です。


1981年8月、タレント石野真子と結婚するも1983年5月に離婚。

石野真子との破局を歌った歌があります。1986年に発売された『STAY DREAM』に収録されている「俺たちのキャスティングミス」です。

1987年8月29日に『親子ゲーム』(1986年)、『男はつらいよ 幸福の青い鳥』(1987年)で共演した志穂美悦子と再婚。
志穂美悦子は千葉真一の主催する格闘系グループの一人です。
長渕はこの結婚を機に肉体増強路線に走ります。
それは、妻・志穂美悦子へのコンプレックスだと私は考えます。


私自身、長渕については初期と中期しか知りません。

中期も上記アルバムと1987年発売の『LICENCE』と1980年発売の『ジープ』しか聴いていません。

しかも、引越の際に聴くこともないだろうと思い、古本屋へ売ってしまいました。
まさか、こんなこと(70年代を彩ったアーティスト)を書くつもりもありませんでしたしぃ(笑)。

『LICENCE』は優れたアルバムで、編曲を今や中島みゆきにとって欠かせない存在の瀬尾一三氏が手がけています。
中島みゆきも当然このアルバムを聴いているはずです。
ちょうどアルバム『中島みゆき』が発売されたのが1988年で、同年発売のアルバム『グッバイ・ガール』以降のアレンジは全て瀬尾一三氏です。

『LICENCE』だけは欲しいのですが、金欠の上、小遣いが6000円に減額されたので、今は手が出ません。15日になってお金が余っていたら買うつもりです。


それ以降は「とんぼ」「乾杯」などのヒット曲を出していることは皆様もご存知の通りです。

また、生まれ故郷の鹿児島県の桜島で24時間コンサートをしたとの情報は風の便りで知っているくらいです。