父・眞一郎氏の早世が中島みゆきに及ぼした影響
中島みゆきの父眞一郎氏が産婦人科の開業医であったことはバイオグラフィにも書きました。普通、開業医で、しかも産婦人科と聞くと「お金持ち」のイメージがありますが、眞一郎氏は所謂「赤ひげ先生」のように弱く貧しい家の出産費は取らず、家計は決して裕福ではなかったと対談で述べています。

その背景には眞一郎氏の父親つまり中島みゆきの祖父にあたる中島武市氏の存在が大きかったのではないかと推測します。武市氏の略歴を記します。

1897年 岐阜県に生まれる
1936年 帯広商工会副会頭就任
1939年 帯広市実業連合会長・十勝商工会連合会頭就任
1942年 帯広市議会議員に当選
1943年9月~1950年11月 帯広商工会議所会頭
1943年10月~1946年9月 北海道商工経済会帯広支部長
1954年 帯広ロータリークラブ会長
1955年8月 帯広市長選挙に出馬するが落選
1959年 帯広市議会議員に返り咲く
1963年 帯広市議会議長
1965年 全国市議会議長会常任理事
1966年 同代表監事に就任

このように武市氏は帯広において名士でした。しかし、眞一郎氏はそんな父親を嫌悪していたのではなかろうかと考えます。家業(古着屋)も継がず、政治の世界へも背を向け、医学の道を選びます。そして医学の中でも特殊な産婦人科を選び、地元の帯広には帰らず札幌で開業します(おそらく北海道大学医学部を卒業したものと思われます)。父親を嫌悪するだけに名声を求めず弱く貧しい人々の味方であろうとしたのだと推察します。

1957年岩内へ引っ越し(岩内協会病院に勤務したといわれています)、1963年帯広で「中島産婦人科」を開業します。この年、武市氏は66歳で帯広市議会議長に就任していますが、眞一郎氏も39歳となり若かりし頃の武市氏への嫌悪感は消え長男として老後の面倒を見る覚悟で帯広に帰ったのではないかと思われます。

しかし、皮肉なもので武市氏が1978年(81歳)まで長生きしたのに対して、眞一郎氏は1975年9月に51歳の働き盛りに脳溢血で倒れます。おろおろする家族に医者は「もう一晩待て」「もう一晩待て」としか言ってくれなかったと中島みゆきはインタビューで答えています。

折りしも中島みゆきは同月『アザミ嬢のララバイ』でプロ・デビューを果たしています(どちらが先であったかは不明)。さらに10月、「つま恋本選会」では『時代』を歌ってグランプリを受賞します。また11月15日に開催された「世界歌謡祭」で同じく『時代』でグランプリを受賞します。

しかし、中島みゆきにとってグランプリ受賞は喜べるはずがありません。愛する父親が昏睡状態にいる中での晴れやかな舞台に中島みゆきの心は引き裂かれる思いだったでしょう。しかしテレビで観た限りにおいて「世界歌謡祭」の中島みゆきに暗い影はありませんでした。

1976年1月、眞一郎氏は息を引き取ります。「その時家には10万円もなかったのよ」と中島みゆきはインタビューで答えています。眞一郎氏の「赤ひげ先生」ぶりを如実に表しています。『世界歌謡祭』のグランプリ賞金が葬儀代に消えてしまったともインタビューで話しています。

中島みゆきは父の早世を二つの歌にして発表しています。一つはサード・アルバム『あ・り・が・と・う』に収録されている『まつりばやし』で、もう一つは8枚目のアルバム『臨月』に収められている『雪』です。

『まつりばやし』では去年父親と一緒にまつりばやしを見ていたが行列は通り過ぎていったところだったと父親の逝去を暗喩し、今年のまつりばやしでは父親は眠り続けていると長い昏睡期間を振り返っています。

また『雪』では道標だった父親の逝去で戸惑う姿が歌われています。


一般に娘にとって父親とは最初に接する大人の異性であり、「ファザ・コン」まで行かなくとも父親の存在は大きいとされています。ましてやその父親が娘にとって尊敬に値する人物であった場合なおさらでしょう。

中島みゆきは高校3年生の時に「自分なんかいても仕方がないんではないのか」と思い詰めます。そこにはいろいろな要因があるでしょうが、その一つとして父親に比べて自分の矮小さが堪えられなくなったことも考えられます。

また、プロ・デビューを断り大学卒業後父親の仕事を手伝いながら音楽活動を続ける中で、父親の偉大さを改めて実感したのではないかと思います。それは『雪』の歌詞「あの人が教えるとおり 歩いてくはずだった私」に見て取れます。

1975年5月、中島みゆきは「第九回ポプコン本選会」で入賞をして本格的な音楽活動を始めます。10月に開催される「つま恋本選会」へ向けて『時代』の仕上げをしている夜、父親がいきなり倒れ約5ヶ月間昏睡のままこの世を去ってしまいます。それを中島みゆきは『雪』で「手をさしのべればいつも そこにいてくれた人が 手をさしのべても消える まるで 淡すぎる 雪のようです」と歌っています。

また『雪』では「あの人が旅立つ前に 私が投げつけたわがままは いつかつぐなうはずでした 抱いたまま 消えてしまうなんて」とも歌っています。「わがまま」とはプロ・デビューを断り定職にも就かず父親の仕事の手伝いをしながら音楽活動をすることを指しているのでしょう。それを「つぐなう」機会がやっと巡ってきたのにその成果を見ることもなく逝ってしまったことへの無念さを歌うと同時に、父親に借りを作ったままであることがその後の中島みゆきの音楽活動へのばねになったのではないかと推察します。(FINE)
千望峠から
「北海道無料写真素材 DOPHOTO」より