悪女

1981年10月24日発売
[A面」悪女 作詞・作曲 中島みゆき  編曲 船山基紀

  • マリコの部屋へ 電話をかけて
    男と遊んでる芝居 続けてきたけれど
    あのこもわりと 忙しいようで
    そうそうつきあわせても いられない

    土曜でなけりゃ 映画も早い
    ホテルのロビーも いつまで居られるわけもない
    帰れるあての あなたの部屋も
    受話器をはずしたままね 話し中

    悪女になるなら 月夜はおよしよ
    素直になりすぎる
    隠しておいた言葉が ほろり
    こぼれてしまう 「行かないで」
    悪女になるなら
    裸足で 夜明けの電車で泣いてから
    涙ぽろぽろ ぽろぽろ
    流れて 涸れてから

  • 女のつけぬ コロンを買って
    深夜のサ店の鏡で うなじにつけたなら
    夜明けを待って 一番電車
    凍えて帰れば わざと捨てゼリフ

    涙も捨てて 情も捨てて
    あなたが早く私に 愛想を尽かすまで
    あなたの隠す あの娘のもとへ
    あなたを早く 渡してしまうまで

    悪女になるなら 月夜はおよしよ
    素直になりすぎる
    隠しておいた言葉が ほろり
    こぼれてしまう 「行かないで」
    悪女になるなら
    裸足で夜明けの 電車で泣いてから
    涙ぽろぽろ ぽろぽろ
    流れて 涸れてから

    JASRACコード 002-3537-7


    中島みゆきは1970年代から、4世代に渡ってオリコン1位を取るという快挙を成し遂げましたが、
    70年代の「わかれうた」に続く80年代でオリコン1位を取ったのがこの曲です。

    全国のマリコさんにとっては有難迷惑だったかもしれません(笑)

    皆さんご存知でしょうから敢えて解説は省きますm(^_^)m;

    隠しておいた言葉が ほろり
    こぼれてしまう 「行かないで」

    の「行かないで」の部分は中島みゆきの声ではありません。たぶんバックコーラスの佳代ちゃんが歌っています。

    「悪女」はこのシングル盤の他に、アルバム『漢水魚』にも収録されています。

    シングル盤の編曲は
    船山基紀氏が手がけていてノーマルですが、『漢水魚』では後藤次利氏が担当しており、アップテンポにアレンジされています。

    その他、唯一のライブ盤『歌暦』にも収録されています(編曲は椎名和夫氏)。こちらはロックンロールです。

    私がこの曲をカラオケで歌うとき、ごっちゃになって戸惑いますw(笑)


    [B面] 笑わせるじゃないか 
    作詞・作曲 中島みゆき 編曲 船山基紀

    笑わせるじゃないか
    あたしときたら
    あの人が それとなく
    うるさがって いるのに

    笑わせるじゃないか
    あたしときたら
    泣きついて じゃれついて
    ままごと気分

    誰か教えてやれよと 声がする
    気がついているわ
      暗闇ガラスに映ってるもの
    みんなわかってるわ
      あの人が好きなひとも

    笑わせるじゃないか
    あの人とあたし
    相性が合うなんて
    占いを切り抜いて

    笑わせるじゃないか
    あの人からも
    見えそうな テーブルに
    忘れるなんて

    誰か教えてやれよと 声がする
    気がついているわ
      暗闇ガラスに映ってるもの
    みんなわかってるわ
      あの人が好きなひとも
    誰か教えてやれよと 声がする
    気がついているわ
      暗闇ガラスに映ってるもの
    みんなわかってるわ
      あの人が好きなひとも

    JASRACコード 095-4570-1

    伴奏はベースとピアノです。

    中路みゆきはコミカルな歌い方をしています。

    悲しい歌詞をわざとコミカルに歌ったりポップ調で歌ったりする曲は、数多くあります。